清涼飲料水に注意

清涼飲料水に多く含まれる糖分の取りすぎが、脳梗塞の危険を高めているそうです。
なんと、清涼飲料水をほぼ毎日飲む女性は、ほとんど飲まない女性と比べて
脳梗塞(こうそく)になる危険性が1.8倍高いとの研究結果が発表されたのです。

この調査は、1990年に40~59歳だった男女約4万人を平均18年間追跡して
行われました。

このうち約1000人が脳梗塞を発症、女性は約400人弱でした。
甘味料を加えたカロリーのある市販の飲み物250ミリリットル程度を
飲む頻度を4グループに分けて調査したそうです。

男性には明らかな差が見られませんでしたが、女性に関しては多く飲む人と
全く飲まない人とでは、明らかに差が出てしまったのです。

ちなみに、心筋梗塞などの虚血性心疾患、出血性脳卒中についても
調査されましたが、男女ともに関連性はなかったようです。

動脈硬化などにより脳の血管が詰まって起こるのが「脳梗塞」です。
清涼飲料水の糖分が血液中の糖や中性脂肪の濃度を上げて動脈硬化を
引き起こしていると考えられますので、飲み過ぎには注意が必要です。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月 5日 09:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私の住む街にミュゼプラチナム」です。

次のブログ記事は「Bさんとの2回目のデート その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。